2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« きれいなものカワイイものを贔屓することのどこがエコなのか? | トップページ | マナーを守らないからといって、どんな非礼なことも許されるわけではない! »

2012年9月 6日 (木)

人間は書いてあることが全て正しく読めるわけではない

ちょっとこのブログの更新に日にちがあいてしまった。まあ、毎日のようになにかと「そりゃあイケン!」と思っているのだが、夏の間は色々と忙しかったのだ。

それはさておき、一時期、よく仕事で京浜東北線の電車に延々と乗って移動することがあった。午後の眠い時間、電車も比較的空いているから、普通に座れたりして、ウトウトする。そして、「はっ!」と目覚めて、電車の中のディスプレイを見る。「ああ、いかん!乗り過ごしたか!」とビックリすることがしばしばあった。それは、まるで、わざと騙しているんではないかというような表示なのだ。

まず、電車が走っている時はこんな表示になる。

Dsc_0011 これは、どういうことかというに、上の大きな文字で次の駅を示している。ここで、「Oimachi」とあるのは、よく見ると、Nextの文字が左にあって、次が大井町であることを示している。

それで、この電車が大井町駅についた途端にこうなる。

Dsc_0012 あれあれ?Omiya??いつの間に大宮までいっちゃったのだ??

と思うだろうが、これはよくみると左に小さく「for」と書いてある。つまり、「大宮行き」ということなのだ。

これでは間違うなという方がどうかしている。たしかに、上のやつはNextとちゃんと書いてあるし、下のはforとちゃんと書いてある。が、あまりに小さく目立たない。これじゃあ間違うよ!JRさん!

そもそも、行き先を表示する場所と、現在の駅を表示する場所が同じ場所で、しかも同じ文字の色、同じ文字の大きさってあり得ないでしょう。並べて書いてあっても、どっちがどっち???になるよ。

こんなもの、設計ミス以外のなにものでもないよ!

人間は書いてあることを、全て正しく読んで判断するわけではない。だから、取り扱い説明書にはやってはいけないことは大きな時で目立つようにかいてあるし、簡単な言葉になっている筈。

そういう基本を理解しないで作るとこんなことになる。実は、世の中見渡すと、こんな風なおかしな表示が沢山ある。これ、小学校あたりでマジメに教えた方がいいと本当に思う。まあ、難しく考えなくても、これを見る人がどう感じるか?どんな風にとらえるか?ってことを、ほんの少しだけ想像したらわかりそうなもんだ。

危険察知能力とか安全意識がなさすぎる人のことを過去にも書いたが、想像力の欠如は色んな弊害をもたらすのだな。

« きれいなものカワイイものを贔屓することのどこがエコなのか? | トップページ | マナーを守らないからといって、どんな非礼なことも許されるわけではない! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61261/46977407

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は書いてあることが全て正しく読めるわけではない:

« きれいなものカワイイものを贔屓することのどこがエコなのか? | トップページ | マナーを守らないからといって、どんな非礼なことも許されるわけではない! »