2007年3月14日 (水)

続・流れを追う(2)

エビをつかまえていた少年達とわかれて、さらに流れを下っていく。ここまでは、最上流のホタルの公園(泉谷公園)からまっすぐ流れてきているが、このすぐ先には一旦暗渠に入る。実際には、一部の流れを分岐させて、水車を回していたりする。このあたりの事情は前回の「流れを追う」の中でかいた。要するに、このあたりからは、真っ直ぐ流れているわけではなく、暗渠に流れ込んだり、ダムのようなところで一旦貯められたりする。いよいよ人工的なコンクリート水路になってくる。

Nagare2007031101 最後の砦の暗渠は、道路の下を走り、そこを抜けると、大規模商業施設の駐車場のわきを流れていく。ふと思うのだが、これは下水の役目をしているわけでもなく、農業用水でもなく、なんなのだろうと思うが、このあたりではわずか数センチの深さの流れである。このくらいにしておかないと、水が濁っていることが目障りなのかもしれない。

周囲はごく最近開発が始まったばかりの住宅地であり、現在売り出し中のところが沢山ある。

そして、終着地の公園へと流れる。ここは丘があり、森があり、そのわきを流れる。だから、一見すると最上流のアカガエルの卵があった場所と同じような環境に思えるが、見たところ、まったく生き物の気配がないのである。Nagare2007031102_1

底はことごとくコンクリートに石が敷かれており、まわりは岩で囲んでいる。これでは、生き物が自然に棲めるはずはなく、自然の循環を無視している。私はこれを露天風呂といっているが、つい先日、ドブサライをして綺麗になったはずの露天風呂は、ちょっと放っておくと、ごらんの有様である。こんな露天風呂には入りたくないね。

ここから少し下流にいけば、もう、そこはヘドロの流れであり、異臭すらただよってくるのである。Nagare2007031103 そのドブくさい水(別に下水を流しているわけでもないのに、ドブくさくなるのである)が流れ込む大百池は、それこそドブくさい池になってしまっている。

誰が始めたのか、なにやらこのあたりで自然観察を行っている人がいるようである。そりゃ、ドブだろうが、生き物はいるかもしれない。けれども、自然をぶっこわして、こんな露天風呂を作り、そこでわずかに瀕死の状態で残っている自然をみて「さあ、こんな生き物がいるのです。皆さん大事にしましょう」などとよく言えるものだと思う。

おそらく、都会からやってきた人たちからすれば、それでも、意外性があるのだろう。ノウサギがいるとか、カワセミがいるといえばそれは驚くが、それは、ここの自然がもっと豊かだったころ、もっと健全に暮らしていたのである。それが破壊されて、今、かろうじて生きているのである。それを観察しましょうというのは、どういう意味で観察するのか?ホントに大事にしたいのなら、この現状に疑問を感じないのか?そういうことが自然のことを考えるということなのではないか?

結局、池までいってみて、池をぐるっとまわってみたが、アカガエルの卵など、一つも見つからなかった。私は、この地形と、この水面の状況かすると、かつては確実にいたであろうことが私にはわかる。しかし、今はいないのである。いつからいなくなったのか?いつ、この地域のアカガエルは絶滅したのか?水辺があるのに、カエルが棲めないのである。これを自然とはいわない。

さて、池の向こうには、おそらく、以前のこのあたりはこうであったであろうという風景がわずかながらに残されている。ちょっとみると、まるで私の散歩道のような風景である。Nagare2007031104

以前から気になってはいたのだが、一歩足を踏み入れると、忘却のかなたに消え去ろうとしていた風景が、なんとなく私の中でよみがえってくるのを感じた。

気付くと私は、まっすぐ前を向き、無言でこの奥に向かって歩いていた。何か、後ろから押されるような、そんな気持ちがしながら、長時間歩いてくたびれた足を前へ前へと進めた。

| | コメント (6)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき | 環境 | 生き物 | 自然