« 2019年台風15号の爪痕(1) | トップページ | くねくね峠がとても遠い場所になった »

2019年9月23日 (月)

2019年台風15号の爪痕(2)

 その後、用事があって出かけたり、天候が悪かったりで、台風が過ぎた後の散歩道にいったのは22日になってからだった。散歩道に入っていくと、大きな木が道に倒れ掛かっていたり、かなりの大木が折れているのがすぐに目にはいってきた。Sampo2019092201 Sampo2019092202

くねくね峠に行ってみると、何故かいつもよりとても明るいのだ。Mori2019092202

上を見ると、多くの木々の枝がとばされて、空間が出来ている。それに、倒れた木もあるから、かなり隙間が出来ている。Mori2019092201

そういえば、何年か前に大雪が降った後も、木々の枝が沢山折れて、明るくなったことがあった。あれは冬だから、そもそも落葉樹の葉が落ちた後だから、明るいのだが、今回はまだ葉があるうちに枝が折れたので、さらに明るく感じる。長い年月、こういうこともあるだろう。そして、明るくなった地面から、明るいところを好む植物がどんどん出てきて、それらはまた凄まじい生存競争を始めるのだろう。

 それにしても、足元には沢山の枝などが散乱していて歩き辛い。歩くのにとても疲れる。Sampo2019092203

そうして歩いていると、何か所か倒木が道を横切っているところがあった。Sampo2019092294

いくつかの倒木はなんとか潜り抜けて通れたのだが、最後の最後で大きな倒木があって、完全に道をふさいでいた。Sampo2019092205 これはもうどうしようもない。まあ、今日はこんなこともあろうかと、ノコギリを持ってきた。試しに一本枝をきってみる。Sampo2019092206 枝一本分は進めるものの、こんなんじゃあとうてい最後まで行くのは無理と思い引きかえす。気づくと、枝をきっているあいだに、蚊に何か所も刺されてしまった。

引き返して田んぼの畔を迂回していると、水路にニホンアカガエルがいた。Akagaeru2019092201

台風の中、無事でいてくれたことがうれしかった。

大きな倒木を迂回したあとは、それほど大きな障害物もなく、いつもの散歩コースを歩くことができた。散歩コースの途中にある稲荷神社に行ってみる。道が曲がりくねっていて外からは神社の様子が見えないのだが、鳥居が見える場所まで来て、唖然とした。ああ、そうか。そうだよなあ。Jinja2019092201 神社わきにある大木は倒れ、神社の屋根にはブルーシートがかけられていた。ここには市の保護樹木となっているイチョウがあるが、倒れはしないものの相当なダメージを受けていることがわかる。数か月前の写真と比べれば一目瞭然だ。Icho2019051201  

このあたりは丘の上のようなところであり、風の通り道なのだろう。周辺の家もかなりの被害を受けた様子だった。近くの杉林はことごとく杉が折れていた。Jinja2019092206

この近くにもう一ヶ所私の散歩コースにもなっている神社がある。そこが気になる。明日、いってみることにしよう。

 

|

« 2019年台風15号の爪痕(1) | トップページ | くねくね峠がとても遠い場所になった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年台風15号の爪痕(1) | トップページ | くねくね峠がとても遠い場所になった »