« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月25日 (日)

局地的絶滅ということを実感としてとらえる

 杉花粉症の季節はそろそろ終わりだが、ここにきて花粉症が酷くなった。くしゃみを連発し、目を真っ赤にさせながら、それでも散歩道に行く。何故そこまでして行くんだろう?と自分でも思う。だが、この10年ほどやってきたアカガエルの産卵記録を途絶えさせるわけにもいかない。もし、途絶えさせてしまったら、記録によって知り得ることを失うかもしれない。そう思う。
 かつてのニホンアカガエルの楽園、かつては1シーズンに400個ほどの卵塊があった田んぼ。しかし、なんどもいうように、ここでは産卵された卵塊が一つも生き残ることが出来ないほど、乾燥化がすすんだ。産卵された卵塊から一匹のカエルも育たない状態が5~6年繰り返されて、昨年はわずかに数個の卵塊を見るだけになった。その数個もほぼ全滅した。
 だが、今年は状況が異なる。その田んぼがずっと水を蓄えているのだ。もしかしたら、劇的に回復するかもしれない。そういう期待を持っていた。しかし...
Tambo2018032501 どう考えても、アカガエルの産卵に適した環境がそこにある。適度の浅さの水。そして、流れのまったくない水。それがそこにあるというのに、いまだ1個の卵塊も見ることが出来ない。
 ついに、この場所のニホンアカガエルは絶滅したのかもしれない。そう思う。このところの暖かさで季節は確実に進んでいる。ここ数年遅かったアズマヒキガエルの産卵もとっくに終わっている。
 ここはかつて、私が水が涸れて死にそうになっている卵塊を持ち帰り、水が安定するまで自宅の水槽で育て、放流するということもやってみた。それほど思い入れのある場所なのだが、いまだに1個の卵塊も見ることが出来ないということは、かなりの絶望感がある。
 田んぼだけではない、その周辺の水路でもまったく卵塊がないのだ。Suiro2018032501 こうして局地的絶滅ということが起きているんだなと感じるのだ。
 おそらく、ニホンアカガエルは種として絶滅することはないと思う。なぜなら、各地で、この絶滅に瀕したカエルをなんとか守ろうという動きが活発だからである。しかし、その一方で、まるで誰にも見向きもされない場所のニホンアカガエルはこうして局地的にいなくなっている。
 私は長い間、この実態をうったえてきた。人々にいろんなところで伝えようとしてきた。だが、それをなんとかしようという人は皆無に等しい。一方で、逆に局地的に意識の高まりがあり、守ろうとしている人々が各地にいる。だが、だからといって、その人々が、ありとあらゆる生息地にでかけていって何かするわけでもないし、実際不可能だ。
 さらに言えば世間一般の方々は、こういう身近な自然環境には見向きもせずに温暖化でホッキョクグマが、など見た元もない遠い地のことを、心配しているのか、なんとかしようとしているのかさえもわからない。
 くねくね谷の奥が、少しかすんでみえるのは、小さな虫が沢山飛んでいるからだ。春霞というのは、こういう虫たちが飛ぶことによる霞というのもあるかもしれない。Kunetani2018032501
くねくね峠を下っていくと、黒っぽい蝶が飛ぶのが見えた。ミヤマセセリだ。
Miyama2018032501 この時期にだけ飛ぶ蝶。飛んでいる場所は限られる。くねくね谷の奥にいけば、毎年見ることができる。千葉県レッドデータブックでカテゴリB,重要保護生物に指定されている蝶。
 これも、かつては、もっと広範囲に飛んでいたのかもしれない。そして、いつのまにか、飛ぶ場所が限られてきているのかもしれない。
 貴重な生物というと、どうしても、今あるその生息地をなんとかしようという話になりがちだ。実際に生息環境が微妙であり、そういう微妙な場所でしか生きられない生き物も多いとは思う。たとえば、高山に生える植物などはそうだろう。高山という限定的な場所でしか生息できないのだから、その場所の環境破壊がもろに影響してくる。
 しかし、ニホンアカガエルやこのミヤマセセリのように、それほど特殊な環境を必要としない生き物が数を減らし、生息地が限定されていくというのは、知らないうちに、局地的絶滅が進んでいき、そして、気づけば、特定の場所にしか生息していない状態になったということだろう。
 こういう局地的絶滅を防ぐには、単に特定の生息地を守るのではなくて、もっと広く、生息環境の実態をしる必要があるのではないかと思う。その視点が必要だろう。
 Tamago2018032501 かつてのアカガエルの楽園のように数百個の卵塊があるわけでもなく、毎年数個の卵塊があるだけの場所、だが、そこは、確実にアカガエルが育っている場所、そんなところに行ってみると、ちゃんと少ないながらも卵塊がある。それは逆に驚きでもある。わずかな数だが、確実に命がつながれているのだ。局地的絶滅は、必ずしも、今、数が少ないところから起きるわけではない。大量に生息していても、大量に死んでいくならば、一気に局地的絶滅が起きるんだなということを、ここ10年の私の観察は教えてくれた。

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

カエルシーズンはすでに満開

 この時期は暖かい日が続くかと思えば、一気に寒くなったりと気温の上下が激しい。数日前まではとても暖かい日が続いた。そのせいか、一気に季節は進んだようだ。道ばたにはたくさんのオオイヌノフグリ。Ooinunofuguri2018031801
 かつてのアカガエルの楽園だった休耕田にいってみる。今年はずっと水をたたえているため、カエルたちにとってはよい環境といえるだろう。そう思って一生懸命アカガエルの卵塊を探す。Tambo2018031801
しかし、期待に反して一つも見つけることができなかった。
 ここは、かつては数百個のニホンアカガエルの卵塊があり、まさにアカガエルの楽園だった。しかし、5~6年の間、産卵された卵塊が乾燥して死ぬようになった。水はけがよくなったからだ。そうして、数年の間、産卵された卵塊は全て死滅するようになった。そうして、産卵が急激に減少した。
 そんな状態を経ているから、急に環境がよくなったからといって急に産卵が増えるわけではないだろうと思う。ここではニホンアカガエルの産卵は4月中旬頃まで少しずつ続く。もう少し観察してみよう。
 くねくね峠にいく途中の土手にタチツボスミレが咲いていた。Tachitubo2018031801 タチツボスミレは冬でも時々咲いているのを見ることがあるが、今年はまったく見なかった。寒い冬だったからだろう。ここ数年は真冬のタチツボスミレは見ていない。
 先日見つけたニホンアカガエルの卵塊は大きくふやけていて、もうすぐオタマジャクシが出てくるだろう。Akagaeru2018031801
 この時期は、アカガエルの卵塊をくまなくさがして歩く。そうして、いつどこにいくつ卵塊があり、それが育つことができたのか、それとも死滅してしまったのかをもう6年間ほど記録しているのだ。そうして見回っていたら、昨年まで、それほどの数がなかった田んぼにたくさんのアカガエルの卵塊があるのを見つけて、少し驚いた。しかも、ここ数日で産卵したであろう新鮮な卵塊だ。Akagaeru2018031802
さらに、その周辺には、大量のアズマヒキガエルの卵塊があって、それはもう、オタマジャクシになりかけていた。まさかこんなところにこんなものがあると思っていなかったので、先日は見逃していたのかもしれない。Hikigaeru2018031803
さあ、カエルシーズンは満開になってきた。冬の静寂の季節が終わり、賑やかな春がまたやってくる。
カエルの環境は少しずつ変わっていく。そして季節は巡る。

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

市津自然散歩最終回

 あれはもう13年も前、2005年のことだ。私の「散歩道プロジェクト」ホームページが地元の情報誌で紹介されて、それがきっかけで地元の市津公民館から自然についての講座をやりませんか?と、お声がかかった。
 当初は「団塊塾自然コース」といっていた。「団塊塾」というのは地域を知ってもらおうという講座で、自然コース、歴史コースなどがあった。その講師に任命され、それからしばらくして、「市津自然散歩」と名称jを変えた。「市津自然散歩」という名前は、当時担当されていた市原市の社会教育指導員の方の発案だ。市の広報に載せるのに、講座名が8文字以内という制限があり(8文字とは随分短いが)、講座内容を凝縮させて「市津自然散歩」という名前にしたわけである。
 Sampo2012042101
講座は年4回シリーズで、春、夏、秋、と、そして、3月の4回。一度だけ、この法則を崩したことがあったが、ずっと4回シリーズでやってきた。春と秋は午前中講義の午後散歩。あとは午前中だけ。そういうパターンでやってきた。
 最初は手探りだった。まずは、この地域に生息する様々な生き物と、その生活について知ってほしいと思い、様々な生き物とその生活を知ってもらうことから始めた。そして、そういう生き物が生息していることをまるで知らずに、山を切り崩しそこに花を植えて公園にし、水の生き物が多数生息していた小川は、コンクリートで固められ、鯉などを放流している現実。Sampo2018031002s そして、落ち葉は燃えるゴミとなり、ゴミを落とす落葉樹は根こそぎ伐られていく。Sampo2018031003s そういう人々の誤った自然感。誤った認識を少しでも変えていきたい。そういう思いを熱く語るようにした。
 同時に、身近な自然の中で、様々な生き物を愛着を持って接することで、様々な貴重な体験ができることも、自分自身の経験の中から語るようにした。遠い国のホッキョクグマを心配する前に、目の前の自然の中で生きる様々な生き物のことを考えようとうったえてきた。そうしなければ、誰がこの場所の自然を守れようか。
Sizensampo2018031001s
講座は、12年間の長きにわたり、続けることができた。これは自分自身のライフワークであった。
 年4回とはいえ、毎回、下見に行き、配布資料を作り、そして、講義用の資料を作る。毎年毎年、少しずつ進化させてきた。このことに多くの時間を費やしてきた。
 12年間のうち10年間もずっと参加してくれていた人がいた。初回から一度も休まず参加してくれている人もいた。しかし、このたび、この講座は終了することとなった。
 支えてくれた多くの人々に感謝したいと思う。参加してくれた人々に感謝したいと思う。そしてしばらくは私は自分の目指すものを追求することに時間を費やそうと思う。
Sampo2018031002 そしてまた別な形で、何か新しいことをするかもしれない。
 私はこの身近な愛すべき自然を、これからもずっと見つめ続ける。それはまたあらたな物語が生まれてくることだろう。市津自然散歩の時代は、それはそれで有意義であったと思う。

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

今年もアカガエルシーズンが始まった

2018年3月3日
2月中旬に体調を崩したりして、しらばく散歩道に出かけていなかったら、すっかり春の風景になっていた。道ばたにはいつの間にか鮮やかなオオイヌノフグリが咲いている。
Ooinu2018030301
休耕になった田んぼは、水路からの水が入り、冬の間もずっと水をたたえていた。かつてのアカガエルの楽園だが、この10年くらいは水が涸れてアカガエルが育つことができていなかった。だが、今年はこんなにたっぷり水がある。Tambo2018030301
だから今年は多くのアカガエルたちはここから育つことができるかもしれない。そういう期待を持っている。先日、春の嵐でたくさんの雨が降り、気温も急上昇。だから、ここにアカガエルの卵があることを期待した。だが、まだない。
かつては、2月中旬から下旬にかけて最初の産卵があったものだが、早くに産卵されたものは育つことができない状態がずっと続いた。そのせいで、2月中の産卵は見られなくなった。産卵時期は少しずつ遅くなっていった。この気候でもまだなのだろう。
 田んぼわきの水路を見るが、ここもまだ卵はない。
Suiro2018030301
毎年、最初の卵塊を見るまでは、とても不安なものだ。今年は卵塊が見られないのではないかと不安になる。実際、この10年で卵塊が見られなくなった田んぼはある。そうして局所的な絶滅を目の当たりにしているからだ。
 くねくね峠に向かうと、道に泥が流れた跡がある。先日の春の嵐の大雨で、この道が川のようになって泥水が流れていたことを想像する。Kunekune2018030301
くねくね峠道の土手では、キジムシロが早くも黄色い鮮やかな花をつけていた。春の訪れを感じる。Kijimushiro2018030301
ホトケノザは道ばたにたくさんピンクの鮮やかな花を咲かせていて、春の花の季節の到来を感じさせる。Hotokenoza2018030301
 奥の田んぼで、今年初めてのアカガエルの卵塊を見つけた。ここはずっと水が豊富にあるので、早い時期から産卵があるのだ。Tamago2018030301 この卵塊を見ると、今年も生き物の季節が始まることを感じるのだ。
 池のそばではダイサギが白く美しい姿を見せていた。近づくと、少しだけ飛んで、近くを歩いて行く。Daisagi2018030301
この池は鳥たちの楽園だ。ここで写真を撮っていると、通りかかった人が必ず声をかけてくる。そして、こういうのだ。
「このあいだ、ここでカワセミを見ましたよ」
確かに、この池にはよくカワセミが来る。しかし、今は、美しいコガモがたくさんいる。そして、カルガモも大きなアオサギもいた。Aosagi2018030301
アオサギだって、ずいぶん美しい鳥だと思うのだが。
2018年3月4日
昨日にも増して暖かい日だ。
道ばたのフキノトウはずいぶんと花が開いている。Fukinoto2018030401
昨日は冬のいでたちだったため、ずいぶんと暑かった。そこで今日は春の装い。それでも、歩いていると汗ばんでくる。
昨日みつけたアカガエルの卵を遠くから眺めていたらなにやら卵のまわりを泳ぐものがいた。そうだ、アカガエルだ。この暖かさのため昼間でも動いているようだ。
 ニホンアカガエルは、産卵の時期はまだ冬眠していて、夜にだけ、繁殖行動に出てくるのだ。そして、普通は朝になるとまた土の中に潜る。だが、あまりに暖かいので、昼間もそのまま田んぼを泳いでいたようだ。Akagaeru2018030501
こういうことは珍しいことだ。しかし、秋の冬眠の時期以来にアカガエルの姿を見ることができてうれしかった。
さて、今年もアカガエルシーズンが始まった。そして、またあらたな季節が巡ってくる。Akagaeru2018030502

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »