« カエルの命を繋ぐ恵みの雨 | トップページ | 緑深い季節 »

2017年6月 4日 (日)

ここの自然はこの先どう変化していくのだろう

もうこの散歩道を20年以上も歩いている。「散歩道プロジェクト」を始めてからも来年で15年になる。その長い間に様々な出会いもあったし、発見もあった。それだけ歩いているのに、新たな発見はある。先日も、イチヤクソウが咲いているのを発見した。いつも歩いている道端だ。どうして今まで見つけられなかったのか?とても不思議に思う。

Ichiyakuso2017052802 イチヤクソウ自体はそれほど珍しいものでもないが、私がここで見たのは初めて。よくみると、周辺に何株か花をつけていた。
 散歩道の自然も少しずつ変化している。それは日常的にここを歩いている人でないと気付かないかもしれない変化かもしれない。しかし、大きく変化している。かつて、ニホンアカガエルの楽園だった田んぼは、今年はとうとう水が入らなかった。このまま休耕になってしまうのだろうか?Tambo2017060301かつては、数百個の卵塊がみられた田んぼだが、今年は10個程度しかなかった。それも全て水が涸れて死んでしまった。
周囲の水路にもアカガエルの卵塊があり、それは生き延びるかと思っていた。しかし、このところの日照りもあって、それも難しそうだ。Suiro2017060301水路が完全に干上がっている。もし田んぼに水が入ったなら、こんな風にはならなかっただろうと思う。
 ここのアカガエルをもう10年以上見守ってきた私としては、本当に残念な気がした。
 その後、もうひとつのアカガエルの楽園といえる田んぼにいってみた。ここは、毎年、踏みつけそうになるくらいの大量のアカガエルが上陸しているのだが、そこも、今年は半分くらいが休耕田になり、アカガエルの卵も激減した。それでも、最後まで生きながらえていたのを見ていたから、どうだろう?と思っていってみた。すると、
いた!
Akagaeru2017060401 ちゃんと、チビアカガエルが育っていた。例年に比べると、10分の1以下の数に感じる。しかし、それでもなんとかカエルにまで育つことが出来ている。数は少ないが、なんとか命はつないでいけるだろう。少し安心する。
 いまはモミジイチゴがたくさん実っている。時々それをひとくち食べながら歩く。一か所だけ、モミジイチゴではなく、カジイチゴが実っているところがある。去年、それを発見したのだが、すでにアリがたかっていて食べられなかった。行ってみたら、たべごろの実があった。アリもたかっていない。食べられる。Kajiichigo2017060401一粒つまんで食べてみた。美味しい!モミジイチゴよりも酸味が少なく、甘い。このあと、近くにあったモミジイチゴを食べてみたが、このカジイチゴを食べたあとでは、酸味が強く感じた。
 アズマヒキガエルの産卵場所にいってみる。先週の時点でほとんど上陸し終わった感じだったが、もしかしたらチビカエルに出会えるかもしれないと思い、目をこらしてみる。アズマヒキガエルのチビガエルは本当に米粒ほどに小さいのだ。それでちゃんとカエルの姿をしているのだから、驚く。親はあんなに大きいのに。一生懸命チビカエルを探すが、見つけることが出来なかった。もう散り散りに巣だっていったんだろう。そう思って残念がっている私の目の前に、キラキラ光るものがあらわれた。
Midori2017060401 ミドリシジミだ。ここで見たのは初めてだ。私に「ほら見て!」といわんばかりに目の前にとまって翅を広げている。
思わず、「うわー、マジっすか?」などと、アホなことをつぶやいてしまう。
しばらくシャッターを切りまくる。翅の裏もみせてくれないかなあ?などと思っていたら、飛び立った。飛び立って近くの草の葉にとまった。Midori2017060402本当に美しい蝶だ。
自然は本当に時々凄いものを見せてくれる。こんなに長年歩いていても、初めて見るものがあるのだ。それは、まるで、「まだこんなものがあるよ」と少しずつ小出しにして教えてくれているかのようだ。
 人の生活とともに、この場所の自然も変わっていく。この先、どんな風になっていくのだろう?この春からの色々な変化は、この場所が急激に変わりつつあることを私に教えてくれているのだろう。そして、どう変化していくか?それはまだ私にも想像出来ない。新しい発見もまだまだある。ずっとこの場所の自然を見つめ、感じていきたいと思う。

|

« カエルの命を繋ぐ恵みの雨 | トップページ | 緑深い季節 »

コメント

雨の朝、我が家の庭で蛙が合唱しています。
良いブログに巡り逢いました。
福岡県田川郡福智町ごく普通の住宅街からです。
また、おじゃましますね♪

投稿: | 2017年6月 7日 (水) 05時45分

名前を入れるの忘れたのでもう一度お邪魔します。

色々面白そうで読んでると・・・里山の音楽家さんでしたか
作曲、CDすごい人だ!
私も音楽は大好きで色々聴きますが、多感な時期に聴いた
地味なフォークソングから離れられません(笑)
耳コピーでギターコードを探すのが趣味です

投稿: yoshihiko fujinaga | 2017年6月 7日 (水) 06時46分

ありがとうございます。
身近な里山が好きすぎて、色々やりたいことをやっているうちに、こんな風になってきてしまいました。
CD第二作目「光の中へ」も絶賛発売中です。Amazonから購入出来ますので、よろしければどうぞ。
AmazonでYoshiki Tagashiraで検索すると色々出てきます。ダウンロードも出来ます。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: TAGA | 2017年6月 8日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カエルの命を繋ぐ恵みの雨 | トップページ | 緑深い季節 »