« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月20日 (月)

カエルはどこへ消えた

 毎年この時期になると、ニホンアカガエルの産卵を今か今かと待つ。雨が降ったら、きっと産卵されているだろうと思って出かける。一つも見つからなかった時には落胆して帰ってくる。

 散歩道のニホンアカガエルの生息環境は年々悪化の一途をたどる。産卵数もピーク時の400~500個から激減し、昨年は100個程度。産卵があっても、ほとんどが水涸れで死んでしまうから、最後まで生き残るのは10個にも満たないと思う。
Sampo2017032001
かつてのアカガエルの楽園だった田んぼは、数年前から休耕になり、水が入らなくなり、ただの荒れ地と化した。ピーク時は200個はあった卵塊が、一気にゼロになった。昨年あたりはかろうじて周辺の水路に数個の卵塊があったが、もはやこの場所ではニホンアカガエルが絶滅寸前のところまできてしまった。
 かつて、私は、この周辺の水が涸れそうな場所にある卵塊を持ち帰り、田んぼに水が入る頃まで育ててもとの場所に放流していた。その放流の努力もむなしく、絶滅へと向かっている。
 Sampo2017032002
昨年、かろうじて産卵のあった水路をくまなく見て回る。しかし、いまだにひとつの卵塊も見つけることが出来ない。3月のこの時期まで一つの卵もなかったのは私がこの場所でニホンアカガエルの産卵を記録しはじめてから、初めてのことだ。絶滅という言葉が脳裏をよぎる。
 この周辺にニホンアカガエルが生息している場所はいくつかあり、今年もそのいくつかの場所では卵塊を発見出来たが、それも例年よりもはるかに少なく、10個に満たない。とびとびに存在するその産卵場所は、かつては繋がっていたのであろう。つまり、かつては、この周辺一帯のどこにでもニホンアカガエルの卵があっただろう。しかし、今、とびとびにしか存在しないということは、そのとびとびに存在する産卵場所以外では、ニホンアカガエルが絶滅したということだ。こうして、とびとびに存在した産卵場所の一つが今、消えようとしているのだ。
 生き物の絶滅なんてものは、なにも全て遠い昔に起きたことなのではない。今、目の前でひとつの生き物が絶滅に向かっているのを目の当たりにしているのだ。
 Sampo2017032003
そうして水路をくまなく見てまわっていたら、ヌマエビだろうか?エビが水路の中にいるのを見つけた。私はここでエビを見たのは初めてだ。この水系のどこかでひっそり生息していたのだろう。ここにはホトケドジョウなども泳いでいる。
 この一帯の水源はいくつも枝状に分岐している谷津田の奥から湧き出る水だ。谷津田の斜面林の半分、散歩道の裏側が宅地開発のため削りとられ、土中の水は排水溝から直接川に流れ込むようになった。そのため、斜面林の保水力が低下して、水が減っているのだろう。さらに、その減った水はコンクリート水路に直接流れて行くような構造の場所が沢山あるため、この周辺の水環境はさらに悪化している。要するに、土中の水分が減っているのだ。そのため、エビや魚といった水棲の生き物が生きられる場所が限られてくる。ニホンアカガエルの産卵環境の悪化もその一つだろう。
Sampo2017032004
ここ数年は、田んぼに水たまりがあっても、すぐに水が涸れてしまう。どうやら、田んぼの下の地面がスポンジのように水を吸い込んでしまうようなのだ。つまり、土中の水分が低下しているということなのではないかと思う。こういうことがアカガエルの生息を脅かしている。
 そうして田んぼもくまなく見ていたら、とても気になるものを見つけた。
Sampo2017032005
動物の足跡。これは、アライグマの足跡だ。私がこの周辺でアライグマの足跡をみたのは初めてだ。この田んぼ周辺のあちこちについていた。穴を掘ったような痕もあった。
アライグマはペットとして飼われていたものが野生化したものだ。アライグマが野生化し、カエルをはじめ、様々な生き物を食べつくす。彼らは凶暴なので、人を襲うこともあるかもしれない。アライグマは即刻駆除しなければ大変なことになる。今、この周辺でイノシシが増えて、大変な被害を及ぼすようになってきたが、それも誰かが放したものが野生化したと言われている。人々の自然に対する無頓着さ。そのために、いつの間にか、自然は酷いことになっている。そのことにもほとんどの人が気付いていない。
 Sampo2017032006
ヒキガエルの産卵場所に行ってみた。ヒキガエルの姿はない。毎年、春分の日の前後には必ず、ここでヒキガエルが産卵のためやってきて、大勢で蛙合戦を繰り広げているのが見えるのだが、今年は、まだ姿がない。2月の記録的な少雨が影響しているのかもしれないが、とても心配だ。
 カエルはいったいどこへ消えた?この先、何事もなかったかのように現れるのだろうか?私はとても心配だ。この場所の自然のこの現実に、どれだけの人が気付いているだろうか?だれも気付かないうちに、病は進行していく。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »