« 梅雨の晴れ間 | トップページ | ユリの季節がやってきた »

2012年6月24日 (日)

ホタルブクロの季節に

数日前には台風が接近し、かなりの風と雨に見舞われた。梅雨ではあるが、この週末は天気がなんとかもったので歩くことができた。梅雨の季節はある程度、歩くことをあきらめている。それならそれで、家にこもってすることもあるので良いのだが、雨が降っていないとなると、それは貴重な時間だと思い、出来る限り歩くことにする。Tambo20120624 田んぼの稲は随分と育ち、緑の絨毯が延々と広がるのだ。やはり気になるのはアカガエル。畦を歩くと、アカガエルがピョンと跳ぶ。チビアカガエルたちは随分と大きくなった。田んぼの水に飛び込む音がしっかりとポチャンという音がする。Akagaeru20120624 上陸したての頃の踏みつけそうになるほどのチビガエルからすれば、少しまばらになってきている。行動範囲を広げたり、あるいは天敵に襲われて数が減ったりということもあるのだろう。それでいいのだ。アカガエルとしてまっとうに生きることが出来ているのなら。

 チビアカガエルに近寄って写真を撮ろうとしても、天敵に襲われたりして、学習したのか、なかなか近寄らせてくれない。上陸したてのころは、そんなことはなかったのに。しかたないので望遠で撮る。

 アマガエルのチビたちも、ずいぶんと上陸して、あちこちで跳ねている。もともとアマガエルはアカガエルよりも小さいものだが、上陸したてのころはほとんど同じ大きさだった。しかし、今は、アカガエルの方が随分と大きく育っている。Amgaeru20120624 それぞれがそれぞれにカワイイものだ。カエルたちよ、しっかり育て!

 休耕田でキアゲハがせわしなく、右に左に飛んでいた。カメラを向けてしばらく追いかける。すると、なにやら産卵するようなしぐさを見せた。ミカンなどの木に産卵するナミアゲハと違い、キアゲハの幼虫はセリ科の植物を食べて育つ。住宅街に多くいるナミアゲハとちがい、田んぼのまわりにはキアゲハが多いのはそういうわけだ。Kiageha20120624 それにしても、こういうところに産卵して、無事成虫になれるんだろうか?と、少し心配になるのではある。

 くねくね峠にいってみたら、コナラの木が道をふさぐように倒れていた。Konara20120624 先日の台風で耐えられなかったのだろう。もともとこの木は朽ちていたようだ。朽ちた木が何かの拍子に倒れ、虫たちの餌となり、土にかえっていく。それもまた自然のめぐりだ。この木が立っていたときから、この木に棲みついていた生き物の一部は、別なところにひっこしせざるを得ないだろう。そうして、またあらたな棲みかを見つけて、そこで生きていくだろう。

林の地面にはオオバジャノヒゲが沢山花をつけていた。Janohige20120624 下向きに咲く花から、雨のしずくがたれる様子は、まさに梅雨の花にふさわしい。

毎年、この時期に出てくるオオバノトンボソウ。少し前から、見続けてきたが、これはあまり目立たない草なので、いつも探すのに苦労する。特に、この時期はどんどん草が成長するので、その草に埋もれてわからなくなる。Oobanotonnbo20120624 しかし、そのまわりの草に埋もれていながらも、それは独特の形をしっかりと主張する。一度見つけると、それは際立って見えるようになる。今年もこの花に会うことが出来た。毎年少しずつ場所を変えながら生える。私はこの花には何故か凄く思い入れがあるのだ。

 道端をふさぐように、大きなアオダイショウがよこたわっていた。じっとして近づいても動かない。Aodaisho20120624 あまりにじっとしているので、これはチャンスと思い、思いっきり近づいて写真をとってやろうと、そっと近づく。Aodaisho2012062402 あまりに近づきすぎたのか、アオダイショウはくるりと向きを変えて逃げ出した。「お~い、まってくれよ~。写真撮るだけだよ~」と話しかけるも、すぐに草むらの中に消えていってしまった。

 道端の草にとまっているカノコガを見つけた。Kanokoga20120624 そういえば、このところ、こんな風な白黒の蛾が沢山ヒラヒラととんでいるなあ。たいていは、ウメエダシャクだ。梅の木のまわりに沢山。カノコガはウメエダシャクよりは小さいが、姿が良く似ている。似ているけれど、カノコガはカノコガ科、ウメエダシャクはシャクガ科で、まったく親戚でもなんでもない。他人の空似ということだろう。

 道端のヒメコウゾの木が鮮やかな実をつけている。Himekozo20120624 少し前は、モミジイチゴのオレンジ色の実がたくさんあった。モミジイチゴは食べるととても美味しい。ヒメコウゾの実はモミジイチゴよりも色が鮮やかで、さらに美味しそうに見える。実際、私も最初はその色にだまされて期待して食べてみたのだが、まったく期待はずれどころか、これは美味しくなくて、まいった。見かけ倒しということか。いや、美味しくないので見た目で誤魔化そうとしているのだろう。見た目に騙されて、ついつい食べてしまう。

 道端はホタルブクロでいっぱいだ。Hotaru20120624_2 ホタルブクロの季節がことしもやってきた。ホトトギスはあいかわらずトッキョキョカキョクと鳴きながら右へ左へと飛ぶ。その声がとても湿った色となり谷に響く。梅雨の真っただ中。しばらくは湿った季節。そうしてやがてやってくる賑やかな夏を待つ。

|

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | ユリの季節がやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の晴れ間 | トップページ | ユリの季節がやってきた »