« 美しい日本の田園風景と未来 | トップページ | オオムラサキふたたび »

2011年7月 2日 (土)

片目のないアマガエル

田んぼでは、アマガエルたちが丁度上陸の季節だ。4月頃に産卵され、やがてオタマジャクシになり、6月の中ごろから7月頃にかけて上陸する。上陸直後はまだ尻尾があり、水辺をウロウロとしているが、やがて草むらの草の葉の上などに、小さな小さなアマガエルを見るようになる。丁度、今頃は、上陸したばかりのアマガエルが草の葉の上などにちょこんと座っているのをよく見かける時期だ。

普段、あまりアマガエルの写真を撮ろうなどと思うこともないのだけれど、どうしたわけか、今日は目の前にいたアマガエルが気になって写真を撮った。最初はわからなかったが、遠目に見て、何か変な雰囲気を感じた。近くでよく見てみると、目がない!Amagaeru2011070201 「なんだこれ!」

私は思わず声に出して叫んでしまった。片目がない。しかも、これは怪我などで失くしたのではなく、明らかに奇形だ。

カエル初心者の人に、アマガエルの見分け方を教える時、目の周囲に茶色い眉のような線があるのがアマガエル、と教えることが多い。その茶色の眉線はしっかりつながっているのに、そこにあるはずの目がないのだ。Amagaeru2011070202 こんなのは初めて見た。大きさからして、今年生まれた個体に間違いない。つい最近上陸したばかりのアマガエルだ。

3月以来、放射能の影響を気にしつつも、アカガエルは何事もなかったかのように産卵し、ヒキガエルのカエル合戦もいつも通りに行われ、オタマジャクシもいつものように育ち、小さなカエルたちがいつものように上陸した。それを見て、「たぶん大丈夫なのだろう」と思っていた。しかし、こういう姿を一匹でも見てしまうと、やはり気になる。

Amagaeru2011070203 もっとも、これが放射能の影響による奇形なのかどうかはわからないし、決め付けるわけにはいかない。ただ、少なくとも、長年数多くのカエルを見てきた私にとっても、初めてみるものだ。

気になって、周囲のアマガエルをくまなく調べたが、同じようなカエルは見つけられなかった。それは安心材料なのかどうか。たまたま、確率的に生じた奇形なのかどうか。

今、本当に沢山のアマガエルが上陸している。そのなかで、何故私はこのアマガエルに目がとまったのだろう。もし、気付けば、こんなアマガエルだらけになっていたとしたら...いや、そうなればアマガエルだけではなく、あらゆる生き物がまともに生きられなくなる。そんな世の中にはどんなことがあっても私は住みたくない。このアマガエルは自然の中で生き延びることが出来るのだろうか?そのことも少し気になる。Amagaeru2011070204

|

« 美しい日本の田園風景と未来 | トップページ | オオムラサキふたたび »

コメント

こんばんは。
検索してみたら、隻眼のカエルの例は他にもあるようです。
ナショナルジオグラフィックの記事のカエルは寄生虫が原因だそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=HEmz7RJC6P0
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009092304&expand

投稿: | 2011年7月 6日 (水) 00時28分

そうなんですか。結構あることなのですね。
とても勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: TAGA | 2011年7月 6日 (水) 23時14分

プールで同じようなカエルを見ました!それで検索した所このブログにアクセスしました。

生まれてこの方見たことが無かったので珍しいのかな、と思ってましたが結構あるみたいですね。
カエルは目玉を使って餌を喉に押し込んでいるらしいのですが、片目でも不自由は無いのですかね?

投稿: | 2015年8月19日 (水) 20時02分

これは、丁度2011年の出来ごとだったので、色んなことを考えてしまいました。よくあることという話しでしたが、私はこの1匹以外はいまだに見たことがないですね。
片目だと、色々不自由だろうとは思いますけどね。

投稿: TAGA | 2015年8月20日 (木) 22時09分

はじめまして、こんにちは。
こちら九州ですが、子供が捕まえたヌマガエルの6匹中2匹が片目なし、1匹が片手なしでした。
心配なので連れ帰って保護しています。あまり野生の生き物を持ち帰りたくはないのですが、あまりにも心配でしたので。
見えにくいのか、両目のカエルよりも餌もあまり食べません。

投稿: | 2016年10月16日 (日) 23時36分

あとでわかったことですが、片目がないアマガエルというのは、一種の伝染病みたいなものがあるようですね。
手足がないのは、天敵に食べられたものかもしれません。いずれにせよ、そういう状態では自然の中ではあまり長く生きられないかもしれませんね。

投稿: TAGA | 2016年10月20日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しい日本の田園風景と未来 | トップページ | オオムラサキふたたび »