« ホタルブクロの季節に考えたこと | トップページ | 片目のないアマガエル »

2011年6月26日 (日)

美しい日本の田園風景と未来

梅雨らしい天気になった。今日は曇りの予報。朝早く起きて、のんびりと散歩しようと思った。起きてみると、地面が濡れている。雨か?と、空を見上げる。わずかに霧雨が降っているか降っていないかの天気だ。これなら普通に散歩出来る。

梅雨の散歩は、雨に濡れた葉っぱのにおい、どんよりした空。ホトトギスが右へ左へと鳴き、時折ウグイスも澄んだ声を遠くまで響かせる。どんな季節も好きだが、梅雨はまた好きな季節だ。Denen2011062601 田んぼはすっかり稲が育ち、緑が深くなった。稲の間を湿った風が吹いていく。やがてこの風景はジリジリと強い日差しが照りつける夏になる。それまでの、束の間の穏やかさ。

日本の田園風景はなんと美しいことか。遠く海外に長く住んでいる方が、先日里帰りを終え、成田空港へ向かう車窓からみる風景に後ろ髪を引かれる気持ちだったそうだ。今、その風景が目に見えない放射能で汚染されている。

郷土を愛すること、生まれ育った国を愛すること、そのことの大切さは言われるが、それはどういうものに対してなのだろうか?東京オリンピックの年に生まれた私は、少なくとも、子供の頃、このような美しい日本の田園風景が愛すべき日本の風景であることを一度も教わったことはない。Denen2011062602 これが日本なのに、美しい日本の風景なのに。

おそらく、私くらいの年代の者が、子供の頃に描いた未来というのは、少なくとも、こういう田園風景をことごとく排除したものだった。ネオンが光り輝き、高層ビルの間を、無数の乗り物が走りぬける。そして、草一本も生えないコンクリートの上で暮らす。それが光り輝く未来だと思っていた。誰も、美しい自然とともに生きることを未来とは考えなかった。そして、こんな田園風景は古臭いもの、未来に向けて捨てていくものと思っていた。

今も、私は自虐的に「近所を歩いているとタヌキに会ってしまうくらいの田舎に住んでいるんです」という。何故、自虐的にならなければならないのだろう。内心、それが誇りなのに。

ある都市が政令指定都市になる時、区の名前に、その地区を代表する自然豊かな場所の名前がつけられることになった。その時、多くの人が反対したという。何故だ?田舎は恥ずべきことなのか?

考えてみると、私たちは明らかに洗脳されてきたのである。田舎は恥ずべきものであり、都会になっていくことが進歩であると。そうして、さらに、人々が豊かな生活をするためには、自然を破壊するのは仕方ないことだと。

はたしてそうだろうか?いつ、誰がそう決めたのだろうか?本当にそうなのだろうか?そんなこと一度も考えたこともなく、みんな当たり前のように言うのだ。Denen2011062603 10年程前のことだが、友人と、うちの近所の里山を昆虫を求めて歩きまわっていたことがある。その友人が当たり前のように言うのだ「ここでこうやって虫を追いかけたこと、あと何年かしたら、誰も信じなくなるかもな。」何気ない一言だったのだろうが、私にはこその一言が酷くショックだった。そんな世の中にしてなるものか!私は思った。

確かに、私たちは子供のころから、こんな田園風景が次々と消えていくのを当たり前のように目の当たりにしてきた。だから、それが当たり前になっている。どうして当たり前なんだ?どうして破壊しなくてはならないのだ?そんなことに疑問を持たずにきたのではないだろうか?もし、疑問を持ったとしたら次のような反論にあうことだろう。「人が生きていくために必要なんだ」と。本当だろうか?私たちは、こんな田園風景からお米を得て、食糧を得て、綺麗な空気を得て、綺麗な水を得ている。それらすべてを失って得るものは生きていくために必要なのか?

何か似ていないか?「原発は必要なんだ」と、今、一生懸命に言う人々。本当にそうだろうか?あらたな技術を開発し、自然エネルギーを上手く使えるようになることは進歩ではないのか?停止した古臭い原発をもとの通りに動かして、さらに古臭いままの原発を増やしていくことのどこが進歩なのだろうか。今、一歩踏みださないで、いつ踏みだすことが出来るというのか?Denen2011062604

物質的に豊かになった、だからこれからは精神的にも豊かに、とは、もうききあきた。何十年も前からずっと同じことを言っているじゃないか!なんにも進歩していないじゃないか!電気を好きなだけ使って、ネオン輝くパチンコ屋にお金を巻き上げられて、駐車場に子供を置き去りにして、それが精神的な豊かさか?そうじゃないだろう。ネットゲームにはまって、昼も夜もなく部屋に閉じこもることが精神的な豊かさか?それも違うだろう。

かつて夢のような街として開発したニュータウンはゴーストタウンとなり、また田園風景をぶっ潰して同じことを繰り返す。いったいいつになれば新しい世の中になるのだ。ようやくエコ、エコといい始めたかと思えば、CO2が増えてホッキョクグマが絶滅したり、病気が蔓延するなどというウソにまんまと騙されて、そのことだけを考えるようになってしまう人々。気がつけば、身近な自然はズタズタ。ほら、見てみろ、君のすぐそばにあった美しい田園風景が、一瞬にして、こんな風になっているんだぞ。Denensabaku

|

« ホタルブクロの季節に考えたこと | トップページ | 片目のないアマガエル »

コメント

200%、賛成です。
ともかく土や泥が汚いものと思ってしまう辺りからオカシいのですね。

そのように考える・感じるものだから、虫は気持ち悪い、カエルはうるさい、ということになります。

それでいて、地球に優しいとか、エコがどうのこうのって、やはり変です。

投稿: クワ | 2011年6月27日 (月) 18時59分

クワさん、まったくです。
それでいて、どうして恐ろしいホッキョクグマは保護されなければならないのでしょうか?日本のツキノワグマだって、けっしてカワイイ存在ではありませんね。
地球にやさしいというおかしな「エゴ」にみんな騙されているんです。早く気付くべきです。自然とともに生きることは、遠く離れたホッキョクグマをゴミをリサイクルして守ることではないです。そもそも守れないし、それでいて、身近な生き物がどんどん絶滅していって、どうするんですか?といいたい。誰もいいませんがね。
何かというと、経済価値に結び付けようとする考え方にも断固反対です。経済的に価値のないものは、どうでもいいということになれば、あなたの存在だって....ああ、こういう言い方をするとまた誤解のモトだけど、この意味がわかる人とわからない人には大きな壁があるんです。

投稿: TAGA | 2011年6月27日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタルブクロの季節に考えたこと | トップページ | 片目のないアマガエル »