« カエルの駆除方法を調べて、結局どうした? | トップページ | 新たな発見を求めて »

2010年5月30日 (日)

散歩道のニホンアカガエル上陸

Tambo20100529_2  散歩道の田んぼは、田植えも終わり、大きく育ったアマガエルのオタマジャクシたちや、沢山のシュレーゲルアオガエルのオタマジャクシが沢山泳いでいるのが見える。田んぼのそばを歩くと、足音に驚いて、凄い勢いで沢山のオタマジャクシたちが逃げていく。

アカガエルたちはどうだろう?そろそろ上陸するころだが。そう思って田んぼを覗くと、足元でピョン!と小さいのが跳ねた。私は思わず「あっ、いた!」と声をあげた。Akagaeru2010052901 水が涸れて、全滅しそうになっていた田んぼ。水が涸れそうになった水溜りのオタマジャクシたちを救出して連れ帰り、育てて戻した田んぼ。その田んぼのアカガエルがしっかりと上陸したのだ。毎年、アカガエルの上陸は楽しみにしているのだが、今年は格別に嬉しかった。

Akagaeru2010052902 一時期は、何百と卵塊のあった田んぼ。産卵時期には、無数のカエルのカップルがいた田んぼ。しかし、ここ数年の水涸れで、オタマジャクシはほぼ壊滅状態になることが多かった。そして、今年、昨年までの1/10以下に産卵数が減った。そのわずかに残った卵塊もかなり危うい状況にあった。そのことに強い危機感を覚えた私。近所の人の協力もあり、なんとか、この場所のアカガエルを救おうと、色んなことをやった。そして、なんとか上陸までこぎつけたのだ。

Akagaeru2010052903 今年は、私にとって、アカガエル救出元年である。今年、アカガエルを救おうとやったことは全てが成功ではなかった。失敗も沢山あった。その中で、色々学ぶことがあった。そして来年はこうしよう、と、色々考えている。

来年の産卵数はどうなるのか?正確に記録することから始めなければならない。今年、この田んぼが一番多くて40個ほど。これがどうなるのか?考えているいろんな試みは試す価値があるだろう。本当は、アカガエルがもっと楽に生きて行けるような田んぼがあればよいのだが、それがすぐには成し得ないのであれば、少しずつでもできることからやっていくしかない。Akagaeru2010052904 今、アカガエルはどの田んぼにもいるわけではない。生息出来る田んぼは限られる。その中でも一番良い環境が保たれていたこの周辺の田んぼ。それが今、危機的状態にある。放っておけば、間違いなくこの場所からニホンアカガエルは絶滅する。そのことを今年は強く感じた。

以前のように、足の踏み場もないほどの沢山のチビガエルという状態にはほど遠い。それでも、わずかながら足元に小さくはねるチビガエルがいる。このチビたちを大きく育てて、また、踏みつけそうになるくらいのアカガエルの楽園を復活させたいのだ。本当は、アカガエルだけの問題ではない。この周辺に棲む、様々な豊かな生物相が、この先もずっと豊かであり続けるために、まず私達は、この地がどうしてこんなに豊かであるのか、その成り立ちを知る必要がある。アカガエルはそのことをある一面から教えてくれているのかもしれない。私たちが無知なままに放っておくと、いつのまにか消えてなくなってしまうかもしれない。だから、よく見て、そこから学ぶ必要があるのだ。今年のアカガエルたちは、私に多くのことを教えてくれた。これからも、教えてくれるだろう。

|

« カエルの駆除方法を調べて、結局どうした? | トップページ | 新たな発見を求めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カエルの駆除方法を調べて、結局どうした? | トップページ | 新たな発見を求めて »