« 輝く季節の多彩な草花と現実 | トップページ | カエルの駆除方法を調べて、結局どうした? »

2010年5月 8日 (土)

今シーズンのアカガエル救出作戦は終了

田んぼにはすっかり水が入り、田植えもほとんど終わった。この状態になれば、もうアカガエルの救出作戦も終了だ。我が家に連れて帰ったアカガエルのオタマたちは、ちょっとした飼育の失敗もあり、全部を戻すことは出来なかった。だが、もともと水が涸れて干からびる運命にあったオタマジャクシたちだ。Akagaeru2010050801 そのうちの何匹かでもここまで生き残らせることができたのだから、よしとしなければならない。今日、妻と娘を連れて、オタマジャクシの放流にいくことにした。

もといた田んぼは水が入り、なんとか、一部のアカガエルのオタマたちも生き延びた。水の中をみれば、すっかり大きくなったオタマジャクシたちが元気に泳いでいるのを見ることができる。実際のところ、これだけの数が生き延びたのは、何年ぶりかのことだ。いろんな人にお世話になった。いろんな人が理解して協力もしてくれた。そのことを思う。

Akagaeru2010050802 そして、娘の手から我が家のオタマジャクシを放流する。田んぼで育ったものに比べるといくらか小ぶりな気がする。多数を狭いところで飼っていたりしたことが原因かもしれない。それでも、田んぼの水に放すと、元気に泳ぎ出した。Akagaeru2010050803

「元気に育つんだよ」

妻と娘が田んぼの水の中を泳いでいくオタマジャクシにそう呼びかける。我が家のオタマに毎朝、餌をやってくれていたのは妻だ。よくここまで育ててくれた。

ところで、ニホンアカガエルの野生での寿命は数年と言われている。私は実際にそれを確かめたわけではない。しかし、私は毎年この場で産卵状況を観察してきたので、産卵状況からカエルの寿命を推測することができる。少なくとも、ここ3年間は、この田んぼのアカガエルのオタマジャクシはほとんど水涸れにより死滅するようになった。それでも、ここ3年間は産卵数に大きな変化は見られなかった。もし、産卵にやってきていた親カエルが生きている間は、毎年同じ場所に産卵にやってくると考えれば、産卵数もそれほど変化がないということになる。ところが、ここ3年間は、ほとんどが死滅して育つことができていない。だから若いカエルが供給されない。そうすると、毎年産卵にやってきていたカエルの寿命が尽きるとともに、一気に産卵数が減る。寿命が3年程度なら、3年間ほど、若いカエルが供給されないと、最も若いカエルでも3歳ということになり、最も若いカエルの寿命が尽きると一気に産卵数が減るというわけだ。今年はその寿命が尽きる年だったのではないかと思う。平均年齢と年齢分布を仮定した計算結果と、実際の状況を比較して、推測することも出来ると思うが、私がこの場の産卵状況から非常にアバウトな感覚で3年と見積もった寿命からそれほどずれていないだろう。

もし、私がこうしてアカガエル救出作戦をやったとして、それがどのくらいの効果を生むのかについては、これからしっかり観察していこうと思う。ここ数年の観察が非常にアバウトであったことを悔やんだ私だが、実際に正確な記録が重要であることに気付かされた今シーズンでもあった。来シーズン以降は正確な産卵数を記録し、死滅した卵塊の数、持ち帰り飼育し放流した数などをずっと記録していけば、この場所のアカガエルがどういう状況にあるのかを知ることができるはずだ。私はこれをやろうと思う。それを何年、何十年と記録していけば、見えなかったものが見えてくるはずだ。

それと、やはり、ニホンアカガエルの現状を多くの人にもっと知ってもらう必要があると思う。そして、彼らがこの場から絶滅してしまう前に出来るごく簡単なことを知ってもらうこと。それが大事だと思う。それを今から考えている。随分先の話だが、来シーズンに向けて、今から動き始めようとしている。

|

« 輝く季節の多彩な草花と現実 | トップページ | カエルの駆除方法を調べて、結局どうした? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輝く季節の多彩な草花と現実 | トップページ | カエルの駆除方法を調べて、結局どうした? »