« クワゴの命綱 | トップページ | 雪が降った後は »

2010年1月31日 (日)

散歩道の街灯に集まる虫

散歩道には、今時としては珍しく、ほとんど街灯がない。夜にいってみると、周辺の街の明かりが空を照らし、それが谷津田を照らすだけである。その暗闇の中で観察をしてみれば、夜に活動する生き物たちの、まだ知られていない世界を覗くようで、神秘的でもあり、怖くもある。

Gaito20080315 その散歩道の一つの道沿いだけには街灯がある。ここは、人が最も普通に通る道であり、安全のために街灯が設けられている。確かに、ここに街灯がなければ、夜歩くのは危険を感じるところだ。

暗闇の中から見ると、街灯はかなりまぶしく感じる。ホタルなどを観察していれば、どうしても、その弱い光に眼を慣らすことになるが、そうなると、街灯はとてもまぶしく感じるのだ。

ホタルは街灯のない側には沢山いるが、街灯のある側にはいない。当然といえば当然だ。ホタルの光の信号は、街灯の強いノイズにかき消されてしまうだろう。

Gaito2010013101 夏の夜などに街灯の側にいってみれば、沢山の虫が街灯のまわりを取り囲んでいるのがわかる。まるで、モヤがかかったかのように、無数の虫が街灯にひきよせられている。

昨日、何気なく街灯を見ていたら、面白いものを発見した。Gaito2010013102

街灯の中に無数の虫の死骸がたまっているのである。自宅の蛍光灯でも、電球を換える時にカバーを開けると、虫の死骸が沢山あるが、その比ではない。これでは街灯の光が弱まってしまうだろう、というような溜まり方だ。どこからか、中に入り込んだ虫が、出口を見つけられずに死んでしまったものである。

中に入ることのできる虫のサイズは限られるから、この虫の量からして、それはもう、相当な数の虫が街灯にひきつけられているに違いない。

当然、虫が集まれば、そいつを食べようとやってくる生き物もいるだろう。ただ、街灯は高いところにあるから、高いところまで登れる生き物に限るかもしれないが。Gaito2010013103

これは面白いと、散歩道の街灯をくまなく見てまわった。大量に虫がたまっているところもあれば、ほとんどたまっていないところもある。もっとも、最近、電球の交換などでカバーを開けたとすれば、当然、中の虫の死骸は捨てて、きれいにするだろうから、電球の交換時期によるかもしれない。

いったい一年でどのくらいの虫がたまるものなのか?そんなことを調べてみたら、面白いかもしれない。それにしても、街灯がこの周囲の生態系にこんなにも影響を与えているということの表れでもある。

一般に、農薬を撒くことには敏感である人も、こういうことには意外と無頓着なのではないかと思う。光の影響を受けるのは、ホタルだけではないし、虫だけでもない。もちろん環境問題はCO2や化学物質の問題だけでもない。この街灯はそれを教えてくれている。これを見て、そこから何が見えるか?それが問題だ。

|

« クワゴの命綱 | トップページ | 雪が降った後は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クワゴの命綱 | トップページ | 雪が降った後は »