« 寒波 | トップページ | 2010年ようやく始動 »

2009年12月29日 (火)

一年、そしてまた一年。その時間が見せてくれるもの

Sampoent20091229 毎年、年末に振り返る。今年も散歩道を沢山歩くことが出来た。毎年、少しずつ変化していく散歩道。くねくね峠道入り口付近の木は数年前にすっかり伐採されたのが、もうかなり木の壁が出来つつあるとか、木を伐採した場所が何箇所かあったりとか、それはそれで変化しているのだけれど、やはり、ここにくると、静かに自然に包み込まれるようにして、ゆっくりと流れる時間み身をゆだねることができる。

一年を振り返ると、季節が大きく変化しながら、私もそれぞれの季節を感じながら歩いていることに気付く。その時々で、いろんなことを考えながら。

散歩道に何を見るのか?そのことがよくわからなくなったこともあった。しかし、この一年で少しだけ答えに近づいた気がする。私は、五感を使ってこの場所を感じ、この場所とともに生きて、この場所のことを記録し、考える。そのことで私の中に何かが熟成されていく気がする。Sampo20091229

時間をかけなければ熟成することが難しいものがある。すぐに答えを求めたがる現代の世の中。人間社会の時間スケールは小さくなっていく。そのことをさも当たり前のように、それが進歩であるかのように言われることがあるが、そんなことを言うのは人間だけだ。そんなことは人間の頭が無理に作りだすだけのこと。

自然の中の出来事は変わらず、小さなものから大きなものまで時間スケール、空間スケールの違うもので出来ている。人々の生活の時間が変わったからといって、変わるものはないし、変えることが出来ないものが沢山ある。

人の一生だって、極端に短くなったり長くなったりするものではないじゃないか。そして、人が感じることが出来るものは、やはり時間、空間スケールに限度がある。ここを歩く時は、自然を感じられる速さで歩こう。何年も何十年も歩くなかで、ようやく感じられるものがあることを、頭の片隅にちゃんといれておこう。

今年も沢山歩いて、沢山感じることが出来た。来年も、その先も。自然も少しずつ変わるだろう。私も少しずつ変わるだろう。そのことが見せてくれるものがきっとあるはずだ。Sampo2009122902

|

« 寒波 | トップページ | 2010年ようやく始動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒波 | トップページ | 2010年ようやく始動 »